香取市小見川とはこんな所

heichouhi_lg
小見川区事務所の前には、小見川町の無くなる事を惜しんで碑が。
(クリックすると大きくなり、文を読む事ができます)
小見川の語源に繋がる麻績(おみ)は太古に遡る歴史を感じさせます。

縄文時代は、香取の海という海底に沈んでいた時期もあったとか。
古代阿波の人達が安房にたどり着き、北上していったら、麻があり総(総=房=麻の事)の地と言った。
さらに北上し、上総から下総に行き着いた。

その麻を求めての終着点が麻績(小見)の地だったというのは、想像のし過ぎだろうか。

asa_ha
麻は昔から神のまつりごとには不可欠で、自生するところはイヤシロチ化していると言われる。
イヤシロチに神社は建てられるとも言われる。

藤原氏により、伊勢神宮を模して、鹿島神宮、香取神宮が作られ、
香取神宮の麻を麻績の後の名といわれる小見から供出したと記録されているようだ。

江戸時代まで、神宮を名乗れるのは、伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮だけであり、三大神宮と呼ばれた。

今でも、下総の地はイヤシロチと持てはやされ心を癒すとツアーが組まれる事もある。
そんな麻績の地を舞台に、大原幽学により農業共同体の原型が出来上がったとされる。